美味しい日本茶のおすすめ人気ランキング5選【煎茶・ほうじ茶など!】

近頃ではコーヒーや紅茶はもちろん、中国茶や韓国茶などティータイムのお供に飲まれるものの種類が増えました。それでも日本人の舌に合って「ほっ」と心を落ち着かせてくれるのはやはり日本茶ではないでしょうか。そんな馴染深い「緑茶」ですが、細かく分類すれば「煎茶」・「ほうじ茶」・「玄米茶」・「抹茶」などに分けられます。
自宅で日常的に飲んだり、大切な人へのギフトや贈り物にしたりと、とても重宝する日本茶。外国人への日本土産としても最も人気がある日本茶は、世界中で愛されています。今回はそんな日本茶の選び方と、おすすめの美味しい人気商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

日本茶の選び方

日本茶と言っても緑茶の中にも色々な種類がありますし、産地も様々なのでどの商品を選んでいいのか迷ってしまいますよね。そこで、まずは日本茶の選び方のポイントをご紹介していきたいと思います。

お茶の種類で選ぶ

日本茶は種類によってそれぞれの持ち味が異なります。甘みのある癖のない味がいいのか、それとも香り重視なのかに注目しながら選んでいきましょう。

甘みが欲しい人は玉露・冠(かぶせ)茶

緑茶独特の渋みがほとんどなく、甘みやうまみの豊かな味わいの緑茶といえばやはり玉露でしょう。玉露とほぼ同じ製法で作られる冠茶も同様にカテキンの生成を抑えられているので、渋みが少なくまろやかな味わいです。ある程度渋みのあるお茶が好きな方は煎茶や抹茶を選ぶと良いでしょう。

香ばしい香りを楽しむならほうじ茶・玄米茶

お茶はなんともいえない癒し効果のある香りがするものですが、炒ることでさらに香ばしくなります。香りを存分に楽しむのであればほうじ茶や玄米茶がおすすめです。ほうじ茶はカフェインが玉露などに比べて格段に低く、就寝前などに飲用するのに向いています。玄米茶はカフェインはありますが、玄米の香ばしい香り・甘み・旨みが同時に楽しめるのが魅力です。

おもてなしに最適な煎茶

緑茶の中で最も一般的に飲まれているのもので、色が緑色をしているものは煎茶(せんちゃ)になります。そもそも緑茶は摘採した生茶葉を新鮮な状態で熱処理する(蒸す・炒る)ことで、茶葉を発酵させずに作ります。煎茶とは、その緑茶のなかでもっとも一般的な方法で作られたお茶のこと。癖がなく飲みやすいので、おもてなしには最適でしょう。

100%同じ産地の茶葉が使用されているものだけが「〇〇茶」と銘打てる

例えば、静岡県産の茶葉が100%使用されているものだけが「静岡茶」として表示することができます。もし50%以上100%未満使用されていて他の産地の茶葉と混ぜられているとしたら「静岡茶ブレンド」などと表記しなくてはいけません。

せっかく日本茶を味わうなら、それぞれの産地で採れたお茶の個性を飲み比べたいものです。産地が曖昧なものは農薬の使用なども不明瞭であることが多いので、できれば避けたほうが無難です。

日本茶のおすすめ人気ランキング5選

ここからは、具体的に数ある日本茶の人気商品の中でおすすめのものをご紹介していきたいと思います。

なお、掲載商品は、上記の選び方などで記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

第5位 2020年度 鹿児島県 和香園産 最高級深蒸し茶

南国鹿児島で沢山の太陽の光を浴びて、育った柔らかい高級深蒸し茶です。 新茶らしい、柔らかな味の中にもしっかりとした旨味が凝縮された一品です。通常より茶葉を長く蒸すことで茶葉が細かくなり、カテキン・ビタミンE・食物繊維などの栄養成分がしっかり溶け出す製法です。 普通煎茶よりもお茶の葉が溶け出し易いので、お茶の葉を丸ごと摂ることに近くなります。より深い味わいを楽しみつつ、健康にも良い製法です。

第4位 京都利休園 お茶 特上煎茶 110g

創業約400年 常識を超えたお茶を創造する 京都利休園
約400年前、1626年に創業。昭和32年には初めて農林大臣賞を受賞。伝統を重んじ、お茶を未来へとお届けする。それが私たちの使命です。歴史と確かな技術で、常識にとらわれないお茶の楽しみ方を提案します。

利休の名に恥じない煎茶さっぱりとした喉ごし。渋味と旨味のバランスが絶妙です。特上煎茶 110gです。ギフトに相応しいパッケージ
お茶の缶の上から和紙を巻いた和のイメージが強いデザイン。
外国の方にはとても喜ばれます。
箱には桐箱を採用し、ギフトに相応しいプレミアム感のあるパッケージです

第3位 静岡県産 2020年度 初物 新茶 高級 深蒸し茶 煎茶 100g

良い天候に恵まれ、2020年度新茶の季節を迎えました。
静岡県牧之原大地の肥沃な土壌と大井川の豊かな水の恵みを受けた甘み、旨味ある新茶です。

第2位 京の老舗150年 宇治安 京の粋 雁ヶ音ほうじ茶 国産 茶葉 日本茶 80g

赤茶色に輝く“高級料亭”で食事時に飲まれる風味にこだわった香り高いほうじ茶です。 京都宇治安が創業以来150年の歴史と経験で作り上げた逸品の“雁ヶ音ほうじ茶”です。 カフェインが少なくお子様、お年寄りにも安心な“雁ヶ音ほうじ茶”です。

本品の雁ヶ音ほうじ茶は高級料亭で食事に飲まれる風味にこだわり製造しました。口当たりもやさしく飲みやすくしております。カフェインも少ないので幅広い世代で安心してご愛飲しただけます。

そもそも“ほうじ茶”とは?・・・緑茶を焙煎したものです。ほうじ茶も煎茶や抹茶と同様に緑茶ですが、一般的には一番茶の新芽ではなく成長した茶葉が使われます。香り高く沸騰したてのお湯を注ぐだけで手軽に飲めるのもうれしいポイントです。

第1位 JAかごしま茶業 知覧茶 金印 100g

鹿児島県南九州市知覧町産の良質な一番茶のみで製造したやや深むしタイプの特上煎茶です。
お茶の色は濃く、スッキリとした旨味とまろやかな甘味が楽しめる知覧茶です。
本品の表面にある「かごしま茶」マークは、鹿児島茶の標章茶企画基準に合格した証です。
「かごしまブランド」マークは、かごしまブランド品として高い評価を受けている農畜産物の市場や消費者に対するブランド産地の誇りと品質を保証する責任の証です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本茶といえば「緑茶」のイメージがありましたが、実際にみてみると緑茶の中にも様々な種類があって、それぞれの持ち味がありましたね。

皆様もぜひ今回の記事を参考に、お気に入りの日本茶を見つけ出して日頃の水分補給や憩いの時間に美味しいお茶を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました