macOS 10.15 Catalina における EndNoteの利用について

Endnote

最新のMacを購入した場合、macOS Catalinが初期にインストールされているため、EndNote X9をインストールすることができません。

今回の記事は、最新のmacOS CatalinaでEndNoteをインストールする方法とEndNote X9インストール済みPCでmacOS 10.15 Catalinaへのアップグレードする方法について解説していきます。

今回のX9.3.xアップデートにより以下のようなアップデートが行われました。
・macOS 10.15 Catalina との互換性を確保
・Apple社が求める 64bit のデータベースエンジンに対応
・ダークモードに対応

EndNote X9をmacOS 10.15 Catalinaへインストールする方法

EndNote X9を購入後、使用しているmacOSがCatalinaの場合、正常にインストールできない不具合が発生しております。

購入後のEndNote X9はアップデートされていないため、バージョンがX9.1もしくはX9.2の状態です。そのため、X9.3.3のインストラーをダウンロードからインストール作業を行わなければなりません。

しかしながら、その手順は非常に簡単です。

EndNote X9.3.3 インストール手順

  1. 下記 URL から EndNote X9.3.3 インストーラーをダウンロードし、インストールを実行
      インストーラー: http://download.endnote.com/downloads/X9/EndNoteX9Installer.dmg
  2. ダウンロードしたEndNoteX9Installer.dmgファイルをクリックする
  3. EndNote X9.3.3のインストーラーが起動する。
  4. EndNote X9 Macintosh版インストール方法及び注意事項を参照にインストールを行えば作業は完了です。

EndNote X9インストール済みPCでmacOS 10.15 Catalinaへのアップグレード方法

X9.2 以前のバージョンがインストールされている状態で OS を Catalina にアップグレードしてしまうと、OS との互換性の問題でEndNote 自体が起動できなくなります。

【EndNote X9.3.1 アップデート手順】

1. EndNote や Word など、すべてのアプリケーションを終了

2. 下記 URL からアップデーターをダウンロード
http://download.endnote.com/updates/19.0/EndNoteX931UpdateInstaller.zip

3. ダウンロードされた zip ファイルを解凍し、[EndNote X9.3.1 Updater.app] をダブルクリックなどで起動

4. 出現する [EndNote X9.3.1 Updater] 画面を [Next] や [Yes] で進めていく

5. 自動的にアップデートが行われるので、完了したら [Done] をクリック

6. EndNote X9 を起動し、X9.3.1 になっているか確認

X9.2 より以前のバージョンで作成されたライブラリとの互換性について

EndNote X9.3 以降のバージョンは最新のmacOS Catalinaが求める 64bit アプリになりますが、X9.2 より以前のバージョンで作成されたライブラリとの互換性が無くなります

X9.2 より以前のバージョンで作成されたライブラリを X9.3 以降のバージョンで開こうとすると、ライブラリを変換するかどうか確認する、下の画面が出現します。

このメッセージは、「X9.2 より以前のバージョンで作成されたライブラリを X9.3 以降のバージョンに対応したライブラリに変換しますか?」という主旨です。

[Yes] を選択すると X9.3 以降のバージョンに対応したライブラリを保存する画面が出現します。
X9.2 より以前のバージョンで作成されたライブラリのデータも残りますので、上記で保存するライブラリは X9.3 以降のバージョン用であることが分かるように名前を付けて保存することをおすすめします。

また、X9.3 以降のバージョン用のライブラリを X9.2 より以前のバージョンで開くことはできなくなります

ライブラリをパッケージ保存(.enlp)で管理している場合

ライブラリをパッケージ保存(.enlp)で管理している場合、直接 X9.3 以降のバージョン用のライブラリに変換できません。
※こちらの不具合は X9.3.2 のアップデートで改善されました。パッケージ保存(.enlp)で管理している方は X9.3.2 のアップデートを適用して [ライブラリ名].enlp ファイルを開いてください。

まとめ

今回は、最新のmacOS CatalinaでEndNoteをインストールする方法とEndNote X9インストール済みPCでmacOS 10.15 Catalinaへのアップグレードする方法について解説を行いました。macOSが64bitになり、32bit対応しかないアプリケーションのアップデート時にはイレギュラーな作業を行うことが多々あります。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました