つらい扁桃腺の腫れ予防について

Capaのおすすめ

扁桃腺の腫れは早め対処が肝心です。

今回の記事は扁桃腺が腫れて辛い思いをする前にできることを記事にしていきたいと思います。

扁桃腺がはれるということは、体の免疫力が低下し、扁桃腺に病原体が増殖しやすくなっている証拠です。
日頃から病気にかからないよう予防し、免疫機能を高める生活を心がけることが大切です。

のどの殺菌

のどの殺菌をしましょう。

こまめにうがいをし、のどに繁殖した菌を洗い流すようにします。

また、休めない忙しいビジネスマンには、私も愛用している持ち運びが出来て手軽に患部を殺菌できる『のどぬ~るスプレー』での対策もおすすめです。

乾燥を防ぐ

扁桃腺のはれの原因には、喉の乾燥も関係しています。

定期的なうがいやマスクの着用など、喉を乾燥させない対策が重要です。

特に、就寝時は喉が乾燥しやすくなります。いつもより、喉が違和感があるかもと思った時にのどぬーるぬれマスクを使用してみてはいかがでしょうか

立体タイプのため、通常のマスクより息苦しさが低減されています。

疲労やストレスのない生活

疲労やストレスが溜まることで、体の抵抗力や免疫力が低下すると、扁桃腺にウイルスが増殖しやすくなってしまいます。

適度な運動や気分転換で自律神経の働きを安定させることを心がけましょう。

免疫力を高める食事

柑橘系の果物

柑橘系の果物にはビタミンCとビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンCは免疫力を高め、ビタミンEは抗炎症作用があり、扁桃腺の炎症を抑えてくれます。

はちみつ

蜂蜜には、殺菌作用があります。

さらに保湿効果の高い分子構造になっており、乾燥から喉粘膜を保護する力があります。

特に非殺菌の蜂蜜は免疫力UPに効果的と報告があります。

かの蜂の国産百花蜂蜜はレンゲの花や菜の花、山の花など色々な花が咲き乱れる春先にミツバチたちが集めてきた蜂蜜です。香り、うま味ともに舌触りまろやかで後味もスッキリとしています。

のどを守るための栄養素

ビタミンCやB2、B6は、荒れた粘膜を回復させてくれる栄養素です。

ハレナースには、これらの栄養素が含まれており、扁桃腺のはれを鎮めてくれるだけでなく、荒れた粘膜の回復も期待できるお薬なのです。

種類食品
ビタミンCレモン、イチゴ、キウイ、赤ピーマン、菜の花、ブロッコー、カボチャ
ビタミンB2レバー、カレイ、うなぎ、ブリ、イワシ、サワラ、さんま、牛乳、納豆
ビタミンB6カツオ、マグロ、鮭、サバ、レバー、鳥のささみ、牛もも肉

喉が腫れてきと感じたら

小林薬品から発売されているハレナースです。

この薬品は、トラネキサム酸とカンゾウエキスの2つの抗炎症成分が、扁桃腺のはれやのどの痛みを鎮めます

私自身大変お世話になっています。

基本的な予防を行っていても年に数回は扁桃腺の腫れに苦しんでいます。

まとめ

今回の記事は扁桃腺の腫れに対する予防をご紹介いたしました。

基本的な予防が大切ですが、腫れや熱が高い場合は最寄りのかかりつけ医を受診することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました