現代文の読解とは何か

現代文

我々研究者は、日々の成果を世の中に発信することが責務です。しかしながら、研究計画や測定技術は優れているが情報を発信することが苦手な研究者がある一定いることも事実です。

そこで、学術論文に必要な主に現代文について記事にしていきたい思います。

書かなければ、何も残らない。

No job is finshed until the paperwork is done

自然科学者が自然を観察するだけでよく、論文を書く必要がなければ、彼の人生は実に幸せだろうと思います。

チャールズ・ダーウィン

読解とは

読解とは、”文章を読んで意味が理解できる”と言うことです。私たちが文章を読むときには2段階を踏みます。

  • 一文の意味を理解する。
  • 一文の積み重ねである文章の意味を理解する。

一文の意味を理解する

句点で区切られて1つの文を理解するためには、まず、意味の切れ目単語と単語の関係を押させることが重要です。

意味の切れ目

文を読み進める際に、ただ文字を追っているだけでは内容を理解することは困難です。文字の連続を単語意味ごとに区切って読み進めることが大切です。

文章には主語述語が必ず存在します。まずはこの関係を頭に入れておくことが大切です。

単語と単語の関係を押さえる

ただ文を読み進めているだけでは、文の本当の意味にたどり着くことができない場合があります。

単語、あるいは語句同士の関係を把握する力が必要です。

現代文では、言葉の関係を踏まえて意味を理解することが重要になります。

文章を正しく読解する

文章の読解には、押さえて欲しい読み方を読み方を実践するルールがあります。

  • 指示語
  • 接続語
  • 繰り返し表現
  • 論と具体例
  • 比喩表現
  • 二項対立
  • 譲歩表現
  • 一般論
  • 因果関係

を学びことで、現代文の実力の底上げを行えると考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました