Python を電卓として使う

学術

今回はPythonの基礎的学習として電卓をして使用してみます。

インタプリタは、簡単な電卓のように動作します

式の文法は簡潔です。

演算子を用いた計算についてには、演算子 +-*/ を用います。

丸括弧 (()) をグループ化に使うこともできます。

整数 (例えば、 2 、 4 、 20) は int 型であり、小数部を持つ数 (例えば、 5.0 、 1.6) は float 型です。

除算 (/) は常に浮動小数点数を返します。

 // 演算子は 整数除算 を行い、(小数部を切り捨てた) 整数値を返します

剰余は、% で求めます。

べき乗演算

べき乗を計算するのに ** 演算子を用います。

変数代入には等号を使用

等号 (=) は変数に値を代入するときに使います。

今回はある男性のBMIと適切な体重を計算いたします。

身長:181 cm、体重:91 kgの場合のBMIは27

適正体重は72 kgということがわかりました。

round(_,n) で小数点を制御できます。nには任意の小数点を表示するための数字か入ります。

文字列型 (string)

Python は、数だけではなく、文字列も操作できます。文字列を記述する方法は複数あり、単引用符 ('...') で囲むか、もしくは二重引用符 ("...") で囲みます。

連続して並んでいる複数の 文字列リテラル (つまり、引用符に囲われた文字列) は、自動的に連結されます。また、文字列は + 演算子で連結させる ことができ、* 演算子で反復させることができます:

文字の番号を知る

文字列は インデックス (添字) を指定して文字を取得できます。最初の文字のインデックスは 0 になります。文字を表す、専用のデータ型は用意されていません; 文字とは、単に長さが 1 の文字列です.

-0 は 0 と区別できないので、負のインデックスは -1 から始まります。

文字をスライスする

インデックスに加え、スライス もサポートされています。インデックスは一文字づつ取得するのに使いますが、スライス は部分文字列を取得します

文字数を知る

組込み関数 len() は文字列の長さ (length) を教えてくれます。

リスト型 (list)

Pythonは多くの 複合 (compound) データ型を備えており、複数の値をまとめるのに使われます。

最も汎用性が高いのは リスト (list) で、コンマ区切りの値 (要素) の並びを角括弧で囲んだものとして書き表されます。リストは異なる型の要素を含むこともありますが、通常は同じ型の要素のみを持ちます。

リストから任意の数字を抜き出す

文字列 (や他の全ての組み込みの :term:` シーケンス <sequence>` 型) のように、リストはインデックスやスライスができます:

リストの連結

リストはこのように連結を行うことも可能です

リストの要素を入れ替える

不変 な文字列とは違って、リストは 可変 型ですので、要素を入れ替えられます

リストに新しい情報を追加

append() を使って、リストの末尾に新しい要素を追加できます

まとめ

今回はPythonの基礎的な事項を記事にいたしました。ご参考までに

コメント

タイトルとURLをコピーしました